歯医者で保険適用外になってしまうものとは

これさえ知っておけば安心!歯科治療保険診療・保険外診療の全て

歯科医院の場合の保険外診療

では一体、具体的にどのような治療が保険適用外となってしまうのでしょうか。また、どうにかして保険を適用させることはできないのでしょうか。 その治療内容や値段について、具体的に見ていきましょう。 あなたのしようとしている治療はこの中にはありませんか?

保険適用外になってしまう治療とは

そもそも、保険外診療とはどのような診療のことを言うのでしょうか。
保険外診療とは、自費診療とも言い、かかった費用の全額を自分で払わなくてはならない診療のことです。
逆に、保険診療の場合は、保険証を出すことで、実際にかかった診療費の1~3割しか払わないで済みます。保険診療の診療内容は厚労省が定めており、これに該当しない診療方法や薬を使う場合は、原則として全額自己負担をしなければなりません。
国は副作用などのリスクを調べるのに時間がかかってしまうので、新しい治療方法などは保険外になってしまうことが多くあります。また、病気に対しての最低限の治療と位置付けられているため、美容や予防のための治療も保険は適用されません。
他にも保険診療の特徴として、全国どこの病院に行っても、全く同じ症状で病院にかかった場合、基本的に同じ金額で同じ内容の診療を受けられるということがあります。しかし保険外診療の場合は、個々の歯科医院がそれぞれ好きなように金額を設定したりサービス内容を変えたりできます。
保険外診療のメリットとしては、それぞれに合った治療ができたり、見た目も綺麗にできること、さらに歯科医院同士の競争によってより質の高いサービスが受けられることなどがあげられます。
デメリットとしては、単純計算で保険診療の三倍以上の金額を払わなければならないということ、治療の一部で保険外診療を使ってしまった場合、その治療の全てが適用外になってしまうことなどがあります。

矯正・インプラント

この項目では、最近子供だけでなく大人の利用者も増えた矯正と、新しい治療法であるインプラントについて、かかる値段や治療の仕組み、保険適用にする方法はないのかなどを解説していきます。 子どもができたときや、年を取って歯が抜けてしまった時など役立つかもしれません。

詰め物と予防歯科

虫歯を治療した後に欠かせない詰め物。これにも保険適用できるものとできないものがあること、ご存知でしたか?沢山種類があるので、自分の目的に合ったものを選ぶことが必要です。 また、近年注目を集めている予防歯科についても解説していきます。予防歯科は結局のところ安いのか高いのか。調べてみました。

TOPへ戻る