これさえ知っておけば安心!歯科治療保険診療・保険外診療の全て

>

詰め物と予防歯科

様々なインレーを比べてみましょう

虫歯の治療に使われる詰め物にも、様々な種類が存在します。
まずは一番一般的なメタルインレー(銀歯)。保険が適用でき、値段は1500~3000円ほど。安価で耐久力があるのがメリットですが、金属アレルギーのリスクが高まってしまう恐れがあります。
コンポジットレジンはプラスチック製の詰め物で、色は他の歯に合わせることができます。こちらも保険が適用でき、1000円前後と安価ですが、もろくて壊れやすいかもしれません。
ゴールドインレーは金や合金でできており、虫歯になりにくかったり金属アレルギーのリスクも低かったりとメリットはありますが、保険が適用されず3万~6万程度と高額です。
注目されているセラミックインレーは、陶材でできており、白くて審美性も高いです。また、金属を使用していないため金属アレルギーの方でも使用できます。しかしこちらも保険適用外で、値段は3万~6万と高価なのがデメリットです。

予防歯科で病気を未然に防ごう

皆さんは予防歯科という単語を聞いたことがありますか?予防歯科とは何か病気になってしまう前にそれを予防しよう、なっていたとしたら早く見つけようという治療です。
具体的に何をするのかというと、こまめに歯科医院へ通い、歯周病や虫歯の検査と歯石の除去を行い、PMTCと呼ばれる歯のクリーニングを行います。
月に一回行くことが勧められていますが、そこまでは行けないという人でも、数か月に一回行くことで効果が出ます。
費用は1回2500~3000円ほど。保険は適用できません。しかし、実際に虫歯や歯周病になる方が治療費はかかるので、最終的には定期的に歯科医院へ通った方が経済的かもしれません。
保険の適用されない治療はたくさんありますが、お金を払うだけの価値があるものが多いのも事実。歯は毎日使うものなので、少し高額ではありますが、保険外の治療にも目を向けてみてはいかがでしょうか。


TOPへ戻る